HOME > 特徴と戦略 > サステナビリティの向上に向けた取組み

サステナビリティの向上に向けた取組み

環境方針

当社役職員は以下の環境方針を制定し、外部評価機関による認証・評価制度を積極的に活用することで、環境に配慮した投資運用を行っています。

1. 環境法令・規則の遵守

環境関連法令・規則を遵守し、環境に配慮した投資運用を推進します。

2. 省エネルギー対策の推進

資源やエネルギーの重要性を意識し、運用する不動産において省エネルギー対策の計画的な取り組みを推進します。

3. 環境負荷の低減

環境に与える負荷の低減を意識し、運用する不動産においてCO2削減、廃棄物削減、リサイクル推進等の対策に取り組みます。
また、有害物質や環境汚染物質の取り扱いに十分注意します。

4. 環境情報の公開

投資主、テナント、取引先等の様々な関係者に対し、環境方針や環境への取組み状況などの必要な情報開示に努めます。

5. 環境教育・啓発活動

社内における環境教育・啓発活動により、当社役職員の環境意識の向上に努めます。

平成28年1月26日制定
ケネディクス・レジデンシャル投資法人
ケネディクス不動産投資顧問株式会社

DBJ Green Building認証の取得

DBJ Green Building 認証制度とは、環境・社会への配慮がなされた不動産(「GreenBuilding」)を支援するために、平成23年4月に株式会社日本政策投資銀行(以下、「DBJ」)が創設した認証制度です。対象物件の環境性能に加えて、防災やコミュニティへの配慮等を含む様々なステークホルダーへの対応を含めた総合的な評価に基づき、社会・経済に求められる不動産を評価・認証し、その取り組みを支援しているとされています。

DBJ Green Building認証の詳細について

DBJ Green Building認証制度に基づき、本投資法人は、以下の物件について認証を取得しています。

KDXレジデンス恵比寿
(東京都渋谷区)

非常に優れた
「環境・社会への配慮」
がなされたビル

芦屋ロイヤルホームズ
(兵庫県芦屋市)

非常に優れた
「環境・社会への配慮」
がなされたビル

KDXレジデンス四谷
(東京都新宿区)

優れた
「環境・社会への配慮」
がなされたビル

GRESB評価の取得

GRESB (Global Real Estate Sustainability Benchmark) は、2009年に欧州の主要年金基金のグループを中心に創設された不動産セクターのサステナビリティ・パフォーマンスを測るベンチマークであり、有力な機関投資家が加盟、不動産投資運用のプロセスでGRESBを利用しています。 GRESBの調査は、機関投資家が投資先を選定する際などにGRESBのベンチマーク調査を活用することからその注目度は高く、GRESBの毎年の調査には世界で多数の不動産会社、REITや不動産私募ファンドが参加しています。 本投資法人は、2016年よりGRESB調査へ参加しています。

里山ユニットの設置

荒廃した里山に休眠する在来種苗を寄せ植えした"里山ユニット"をKDXレジデンス御徒町のエントランスに設置しています。里山ユニットの設置通して、里山再生活動に寄与することに加えて、心地よい住環境の提供や放置自転車対策にも寄与しています。

共用部照明のLED化

環境への配慮及び費用削減の観点から、省エネに向けた様々な取組みを行っています。 取組みの一つとして、本投資法人は共用部等における照明器具を適宜LEDへ変更することにより、電球交換コスト及び電気使用料の削減を推進しています。

ロードヒーティングの遠隔監視

札幌所在の3物件において、ロードヒーティング(融雪設備)の遠隔監視システムを導入しています。 システムを導入した結果、融雪のための燃料コストが大幅に削減されました。

防災セットの設置

災害発生等に備え、一部物件において入居テナント向けに非常持出用の防災セット(非常食、非常用飲料水等)を設置しています。