HOME > 特徴と戦略 > 内部成長戦略

内部成長戦略

本投資法人は、投資家の立場に即して、本投資法人の保有に係る不動産から得られる賃貸収益を厳格に管理することで、その維持・向上を図ります。

収入の安定維持

テナントとのリレーションの充実を図り、賃貸市場の動向を見据えた機動的なリーシング活動に努め、計画的な修繕及び設備投資を行うことにより、保有不動産の稼働率の向上を図り、収入の維持向上を目指します。

地域特性に合わせたプロパティ・マネジメント業務の委託

収益の最適化を目的として、各保有不動産の特性に見合った最適と考えられるPM会社を選定します。また、各PM会社が継続的に安定し、均質あるプロパティ・マネジメント業務を行えるよう、PM会社と長期的な協働関係を構築し、管理・運営ノウハウの蓄積を図ります。

ブランド戦略の推進

原則として、「KDX Residence」(KDX レジデンス)というブランドにて、物件名称及び標識の統一を図り、ポートフォリオ全体において上質な統一感を醸成し、一体的な資産価値の維持向上を目指します。